センター情報

カレントページ:Home>関連事業

関連事業

方正友好交流の会

画像クリックで拡大

1945年夏、ソ連の参戦に続く日本の敗戦で地獄のような状況が旧満洲で見られました。 多くの日本人開拓団は、やっと方正の収容所にたどり着いたが、酷寒の中で飢餓と病に苦しみ亡くなりました。その時の5000体近い死者を葬る日本人公墓がハルビン市郊外にある方正県に建立されました。 日中国交回復以前の1963年に中国政府が建立してくれました。国際的な友愛の象徴で日本人公墓の存在を多くの人々に知ってもらうべく活動をしています。


「方正友好交流の会」のホームページ


■方正日本人公墓が私たちに問いかけるもの■

「方正友好交流の会」へのお誘い

中国ハルビン市郊外の方正県に、日本人公墓が建立されているのをご存知でしょうか。1945年の敗戦のさなか、祖国を目指して逃げ惑った旧満洲の開拓団の人々は、難民、流浪の民と化し、真冬の酷寒にさらされ、飢えと疫病によって多くの人々がこの方正の地で息絶えました。それから数年、累々たる白骨の山を見た残留婦人が骨を拾い集めました。そして力を貸した中国人たちが集めた遺骨はおよそ五千体ともいわれています。
その人たちを祀るお墓が「方正地区日本人公墓」です。中国ではまだ日本の侵略に対する恨みが衰えていない1963年、中国政府は、中国人民同様わが同胞の死も、日本軍国主義の犠牲者だとして手厚く方正に葬ってくれ、公墓が建立されたのです。多くの日本人開拓団員等が犠牲となった 旧満洲で建立されている公墓はこの方正にあるものだけです。(黒龍江省麻山地区でソ連軍の挟撃に遭い、四百数十名が集団自決した麻山事件の被害者たちの公墓も1984年に建立され、この方正の地にあります)
この公墓の存在は、残念ながら一部の関係者にしか知られていませんでした。民族の憎悪を乗り越えて建立され、中国の人々によって管理維持されている公墓の存在を多くの人々に知ってもらおう、そして維持管理の面でも日本が協力して活動していこ うと設立したのが「方正友好交流の会」です。当会の前身は1993年に設立され、2005年6月に再発足しました、この日中友好の原点の地ともいうべき 「方正」に光を当てることができればと活動を続けています。

●年会費: 個人会員 1口 1,000円 / 団体・法人会員 1口 10,000円
(口数は最低1口、上限はありません)
方正友好交流の会 事務局(大類善啓)

101-0052 東京都千代田区神田小川町3-6 (社)日中科学技術文化センター内
電話 03-3295-0411 FAX 03-3295-0400     E-mail:ohrui@jcst.or.jp
郵便振替口座番号 00130-5-426643 加入者名 方正友好交流の会


日中関係研究所

所長の凌星光は東京生まれ、一橋大学を中退後、中国社会科学院で日本経済を研究。 90年代からは日本で学究活動と言論活動を行ってきました。
本研究所には、著名な中国研究家やジャーナリストたちが集い、日中両国の戦略的提携促進の架け橋となることを旨として活動しています。
毎月一回定例研究会を開き、日中間のホットな問題をとりあげて議論をしています。発表資料は所報としてまとめ、日中両国関係機関及び会員に配布しています。

リンク: 凌星光個人ホームページ